ネット 稼ぐ アフィリエイト

ネットで稼ぐ為の!ブログアフィリエイト入門講座 > スポンサー広告 > ソーシャルブックマーク登録ツール> [アフィリエイト基礎]・雑記&メモ > ソーシャルブックマーク登録ツール

プロフィール

武士

Author:武士
ご訪問ありがとうございます。
当ブログの管理人の【武士】です。

アフィリエイト初心者にわかりやすいブログ
作りをモットーとしてます。

⇒詳しい自己紹介

お問い合わせ

アフィリエイトや情報商材に関してのご質問お問い合わせは、こちらからお気軽にどうぞ。
mail

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

★武士の作ったレポート★

このブログのページランク



RSSリンクの表示

オススメレンタルサーバー

3D球体タグクラウド

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

ソーシャルブックマーク登録ツール

2011年12月03日(土)

さて、今必死でECサイトを構築しているのですが、
そのECサイトのドメインの下層ディレクトリにWPでブログを作って
連動させているんですが、そのブログの更新情報(RSSフィード)を
ECサイトに表示したくて調べてました。


RSSフィードを表示させるとブログを更新したら自動的に
表示させているサイトも更新されます。


以外に簡単にできるもんなんですね。
こんなサイトを見つけました。

⇒ http://www.koikikukan.com/archives/2006/12/12-013504.php


これはどうゆうことかというと、
主となるECサイト(インターネットショップ)に誘導するための
コンテンツを詰めたブログです。


このブログからリスト取りや、販売ページに誘導します。


でも、必ずそのブログから訪問するとは限りませんよね。


なので、主となる販売ページからもブログに誘導します。
そこにしっかりしたコンテンツを入れておけば、ブランディングができます。


でも、本当の狙いはここからのリスト取りです。


それは、メルマガの方が売るのは簡単ということが、
私には体感的にわかるからです。


これは、実際にメルマガ発行していない人には実感しづらいかもしれませんが、
実際にメルマガでどんなものでも、どんなサービスでも、
しっかり読者と関係性を作り、正しく伝えることによって、
一定の割合は購入することがわかりました。


今コンサルしているお店のキャンペーンのメルマガ原稿を
私が代筆して発行した結果、キャンペーン内容にもよりますが
全てが10%以上、多い時で30%とか40%以上の成約率がでます。



話しはそれましたが、販売する時にはメルマガは最強のツールになるわけです。


ですが、メルマガは発行しないと売れません。
もし発行できない境遇になったとき売上が0円になります。


なので、ブログやサイトなどもしっかり作り込む必要もあるんです。


これは自分の商品でも、アフィリエイトでも変わりません。



で、サイトを作った後、私が最低限することは、
『ソーシャルブックマークへ登録』
『日記ブログにリンクを貼る』


これくらいしかやってないです。


これをする理由は検索エンジンクローラーを回してきて、
インデックスしやすくするためです。


SEOは追求しだすときりがなく、
そこにのめり込むと他が進まなくなります。


私たちは稼ぐことが目的であり、検索1位になることが目的ではありません。
そう、蓮舫的仕分け思考でいいわけです。


2位でも3位でも7位でも、売れたらいいですよね。


なので、私はそこまでSEOには神経質にはなりません。



ですが、ソーシャルブックマークに登録するのでも、
結構面倒なので、私はこの無料ツールを使って登録しています。

⇒ http://bushi-afiri.co.cc/rak/sbtool.html


日記ブログはほぼ毎日更新してますので手動で入れてます。



ですが、サイト作成後よりもサイトを作る前段階でのキーワード選定が
一番重要ですね。

⇒ http://bushi-afiri.co.cc/rak/musou2.html

関連記事

人気ブログランキングへ

コメント

承認待ちコメント by -

このコメントは管理者の承認待ちです

2011/12/08(木) 16:04:< %comment_second>
管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックす る(FC2ブログユーザー)

トラックバック

 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。